ほっくんのライオンズ応援記

ライオンズ応援ブログです。2018年は10年ぶりのリーグ優勝。2019年はさらにその先へ!

栗山のプロ入り通算100号のメモリアル2ランで勝ち越し、3カードぶり勝ち越し!

f:id:naohosk:20190812102021j:plain

 

本日のライオンズ戦の結果(ZOZOマリンスタジアム)の結果

 

vs.千葉ロッテマリーンズ戦第19回戦 ライオンズ11勝7敗1分

 

試合開始:17:00 試合終了:20:14 試合時間:3時間14分 観衆:28,137人

 

マリーンズ 2-4 ライオンズ 

 

【投手リレー】(カッコ内は投球イニング数を示す。)
(L)十亀(6)~小川(1)~平井(1)~増田(1)
(M)種市(7)~松永(2/3)~東妻(1/3)~東條(1)

 

勝利投手:小川2勝1敗1S  セーブ:増田3勝1敗18S  敗戦投手:松永2勝3敗

 

本塁打
(L)木村7号ソロ(種市)、栗山6号2ラン(松永)

 

初回のライオンズの攻撃が無得点で終わった後の1回裏。2番のマーティンをライト前ヒットで出塁させ、続く鈴木の打球はライトフェンス直撃の3塁打。クッションをうまく処理していれば1塁走者の本塁生還は阻止できたはずですが、記録に現れない拙守で初回にマリーンズに先制点を許しました。これで何試合連続初回失点とか言われていますが、昨日もそうでしたが初回に失点しても最終的には勝ちましたしね。今日も…


2回裏にも下位打線に連続ヒットを許し、上位に戻って荻野貴に適時打を打たれて2失点目。3回も中軸から始まる攻撃で無死1、2塁のピンチを招きましたが、3点目は許さず。


ライオンズ打線はマリーンズ先発の種市を相手に点を還していかなければならなかったのですが、点を還すどころか、ヒットもなかなか出ないし、バットを振ってもなかなか当たりませんでした。ストレートも落ちるボールも、全ての球種がキレ、制球ともに抜群でした。5回の先頭打者のアグー(山川)が三振を喫して、この時点で奪われた三振は2桁の10個。アウト13個のうち三振が10個ですから、いかに攻撃の手がかりがなかったかがお分かりかと思います。


さてライオンズの打順なのですが、4番からいつもの名前が消え、大事なところで仕事をして多くの打点を積み重ねているおかわりさん(中村)がついに4番に復帰しました。2年前の8月以来だそうですが、野手の中でのチャンスでの期待感を考えると当然ですね。監督がなかなか決断できないマネージャーなので、4番降格が今日になってしまったようですが、球宴明け以降決断できる時はいくらでもあったように思います。おかわりさんも途中いろいろと傷めたりした時期はありましたが。


種市相手に得点を奪えないライオンズ打線でしたが、6回に源田のライト線へのヒットが一塁ベースに当たるラッキーな2塁打になり、これをきっかけに、続く森友哉がセンター前ヒットを放ち、適時打になって1点を還しました。おかわりさんもヒットで続きましたが、後続が凡退して同点には追いつけず。しかしこの回に球数を放らせて100球まで到達させたことが、ボディーブローとして7回に効いてくることになります。


7回ですが、これまで抜群だった種市の制球が乱れ始め、落ちるボールもライオンズ打線が見極められるようになりました。先頭のアグーはフルカウントから落ちるボールで三振を喫しましたが、続く木村が完ぺきに捕らえた打球をレフトスタンドへ。同点のソロ本塁打になりました。一気に逆転とはいきませんでしたが、種市をこのイニングで下ろさざるをえない状況を作りました。


同点に追いついた直後の7回裏のマリーンズの攻撃をライオンズの2番手・小川が1人ランナーを出しながらも無失点で切り抜けて8回表へ。


左が2人並ぶところで、マリーンズは2番手投手として予想通り左の松永を投入してきました。源田、森友哉と凡退しましたが、おかわりさんが四球で出塁した後、今日は5番に入ったクリ(栗山)が右中間への大きな打球を放ち、それほど風はなかったはずですが、スタンドへ届き、勝ち越しの2ランになりました。そしてこの本塁打が記念の100号本塁打となりました。99号は4日前の所沢でのイーグルス戦で則本から打ったばかりで、まさかこんなに早く次の本塁打が出るとは思いませんでした。目撃できて、いい思い出になりました。「愛斗に代えろ」と毎打席叫んでいる人がいましたが、土下座して謝ってくださいね、栗山さんに。


2点リードになって勝ちパターン継投に入るのですが、昨日のベンチ入り投手であの人が抜けていたのでどうするのかと思いましたが、普通に8回は平井、9回は増田という継投でした。増田は身体に張りがあって昨日お休みしたとのことで心配しましたが、今日の投球を見る限りではいい休養になったようです。

 

ストレートはかなりキレていたように感じました。ヒットを1本打たれて無失点に抑えるのはいつものパターンですし。ただコンディションを考慮した上で起用するよう、細心の注意を払っていただきたい、首脳陣には。故障されたら、ホントにチームが崩壊しますから。


結果的には勝ち越した後の交代になりましたが、源田も今日は7回までの出場でした。同一リーグの最西端のチームにも似たような使われ方をしている遊撃手がいたような。連続出場の記録も途切れていますし、こちらもコンディションをみながら、適度に休ませてほしいですね。


連続出場と言えば、今日の試合が終了した時点で、秋山が700試合連続フルイニング出場を達成し、日本プロ野球史上2位タイになったそうです。


負けたら5位転落というピンチで迎えたこのカード初戦に勝ち、今日も勝ち。上位争いをする他のチームの状況もあり、今日の試合終了時点で2位に浮上しました。3~5位とは相変わらず近いままですが。


狙っているのは2位ではないし、2位ではダメだと思うので、可能性がある限りは一番上を目指してほしい。勝利を重ねていけば、仮に1位とは差が詰まらなくても、他のチームとは差がついていくわけなので。


明日は中7日でニールが先発。欲を出して3タテを狙うべき時です。

 

f:id:naohosk:20190812101228j:plain

 

ヒーローは8回の勝ち越し2ラン、自身プロ入り100本塁打のメモリアルアーチを放った栗山選手。99号を放ってから、まさかこんなに早く、しかも目の前で見られるとは…

 

f:id:naohosk:20190812101117j:plain

f:id:naohosk:20190812101124j:plain

 

2日連続でマリン(海浜幕張周辺)に行きましたが、試合中も前方からの風を感じられるので所沢よりかなり涼しく感じました。球場から駅まで歩いてそれなりに距離があるのですが、普段感じているまとわりつくような暑さはなく、逆に気持ちいいくらいでした。所沢もこんな環境だったいいのに…。


アイスとモツ煮(モツライスカレー)は2日間ともおいしくいただきました。明日は参戦しませんが、来月もう一度行けるかな??