ほっくんのライオンズ応援記

ライオンズ応援ブログです。2018年は10年ぶりのリーグ優勝。2019年はさらにその先へ!

昨日と逆の展開で2桁得点での勝利! 源田の連続試合出場は299でストップ

f:id:naohosk:20190414191849j:plain
f:id:naohosk:20190414191827j:plain

本日のライオンズ戦の結果(メットライフドーム)の結果

 

vs.オリックスバファローズ戦第3回戦 ライオンズ2勝1敗

 

試合開始:13:00 試合終了:16:12 試合時間:3時間12分 観衆:30,893人

 

ライオンズ 11―3 オリックス 

 

【投手リレー】(カッコ内は投球イニング数を示す。)
(Bs)松葉(5)~山田(1/3)~比嘉(1)~齋藤(1 2/3)
(L)髙橋光(6)~平井(2/3)~小川(1/3)~マーティン(1)~増田(1)

 

勝利投手:髙橋光2勝1敗  敗戦投手:松葉2敗

 

本塁打
(Bs)吉田正2号ソロ、3号2ラン(髙橋光)
(L)山川6号3ラン(松葉)、森2号ソロ(比嘉)

 

昨日の最後に書いたように、今日は外野椅子指定(中央通路より上段)での参戦。写真の角度もいつもとちょっと違います。


昨日4回から登板した山﨑福也もそうですが、左腕相手に苦労するライオンズ打線ということで、今日も攻略に苦労するだろうなと思っていました。


初回に吉田正にライトが一歩も動かないようなソロ本塁打を浴びて1点を先制されました。直前に盗塁死があったので良かったですが、初回に2、3点取られていたら違った展開になっていたかもしれません。


ライオンズも初回に2つの四球をもらうも無得点。


2回にベテランコンビの連打で無死2、3塁のチャンスを作り、下位打線へ。木村が三振の後、昨日の死球で今日はスタメンから外れた源田の代役で出場した永江の二ゴロの間に同点。1塁へのヘッスラで打点をもぎ取りました。ヒットは出なくても、プレーで気持ちを感じさせるのもアピールとしては大事です。


先発の髙橋光成は、3回に満塁のピンチを招くも、4番の杉本を三振にとり、ピンチを脱出。4、5回は安定した投球でした。昨日2発を食らった向こうの4番ですが、最後は変化球で打ち取るイメージで配球すれば大丈夫そうです。


5回裏、金子の四球、秋山の右前打でチャンスを作り、今日は3番に入った外崎と4番のアグー(山川)で突き放しました。外崎は新たなタオル(アップルパンチ)持参で自分が参戦しての初安打、アグーの3ランは打った瞬間それとわかる打球でした。松葉に対して、5回で100球以上投げさせて、5得点。攻略できて良かったです。


ライオンズ打線は、オリックスの2番手以降の投手陣も次々と攻略。四球が絡むと大量点になりますね。結果的には昨日と全く逆の展開になりました。


大量リードにはなりましたが、8回はマーティン、9回は増田の勝ちパターンリレー。2人とも登板間隔が空いており、昨日も登板予定はないにもかかわらず、9回の守備中にブルペン投球していました。昨日のブルペン投球を見る限り、マーティンは投げたくてウズウズしているように見えました。

 

今日でパの5球団との対戦が一回り終了。先発投手が3人おらず、野手にもちょこちょこと故障者が出る中、7勝7敗の5割は御の字でしょう。先発投手の3人も予想より早く戻れそうですし、戻ってくるまでもう一踏ん張りです。

 

最後に源田の出場記録の件。スタメンから外れることで、入団1年目の開幕戦から続いていた連続フルイニング出場が299試合で途切れました。300試合という区切りを目の前にしてのストップは残念でした。


7回にヒットで出塁のクリ(栗山)の代走で出場したのですが、DHの代走なので守備にはつかず、8回に打席が回ってきたところで代打を出されて交代しました。代走として出た時に得点を記録していたのですが、野球規則上では代走として出場しただけでは連続試合出場の記録にはならないということで、こちらの記録も同じく299試合で途切れました。

 

これまで入団後2年ちょっとの間、多少無理してでも出場を続けてきたわけですが、これで記録のことを考えて無理に出場させる必要が一旦はなくなるので、これはこれで良かったのだと思います。替えがきかないポジションの1つになっていますが、離脱した途端大幅にチーム力が落ちるようでは上位は狙えないですし、万が一を想定して代わりとなる選手を作っておく必要もありますし。


骨折ではなかったものの、関節挫傷なので、万全な状態に戻るまでには時間を要すると思います。出ないことでチームとしては厳しくはなりますが、幸いまだシーズンが始まったばかりの時期なので、しっかり治してから大事な時期に働けるように対応してもらいたいです。

 
f:id:naohosk:20190414191739j:plain

 

お立ち台は二人。まずは6回3失点の髙橋光成投手。昨日の先発投手のように制球が大暴れすることがなくなりました。
f:id:naohosk:20190414191701j:plain

 

二人目は5回にオリックスを突き放す3ランを放った山川選手。開幕から5カード連続で本塁打を記録ということで、既にパの全チームから本塁打を放ったことになります。
f:id:naohosk:20190414191642j:plain
f:id:naohosk:20190414191620j:plain
f:id:naohosk:20190414191600j:plain