ほっくんのライオンズ応援記

ライオンズ応援ブログです。2018年は10年ぶりのリーグ優勝。2019年はさらにその先へ!

終盤の追い上げも及ばず、2019シーズンホームゲーム初黒星

 

f:id:naohosk:20190410005032j:plain

本日のライオンズ戦の結果(埼玉県営大宮公園野球場)の結果

 

vs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦第1回戦 ライオンズ1敗

 

試合開始:18:00 試合終了:21:45 試合時間:3時間45分 観衆:16,355人

 

ライオンズ 6―7 イーグルス 

 

【投手リレー】(カッコ内は投球イニング数を示す。)
(E)辛島(5)~宋家豪(1)~森原(1)~ハーマン(1)~松井(1)
(L)ニール(5 2/3)~野田(0/3)~田村(1 1/3)~平井(2)

 

勝利投手:辛島2勝  セーブ:松井3S  敗戦投手:ニール1勝1敗

 

本塁打
(E)浅村2号2ラン(ニール)
(L)山川5号3ラン(辛島)

 

6年ぶりの大宮参戦。球場内のトイレ(レフト外野)が改修されてきれいになってました。


試合ですが、4回に先発のニールの制球が甘くなり、連打を許した後、島内に死球を与えて無死満塁。ウィーラーのボテボテの三塁内野安打、銀次の何でもない一ゴロをアグー(山川)がお手玉して2失点目。思うようにアウトがとれずに4失点。エラーがなくても4点取られたかもしれませんが、エラーでの失点は試合の勝敗に響きます。


エラーしたアグーが3ランという最高の形で取り返したのですが、直後に一番打たれてはいけない奴にレフト場外への2ランを浴びて追加点を許しました。これでは戻しかけた流れもなかなかこちらにはきません。


3点ビハインドの6回裏、一旦は併殺打で2死になりましたが、7番以降の下位打線で満塁のチャンスを作ったまではよかったのですが、1番打者が狙い球とは違ったと思われる初球に手を出して一ゴロ。彼の守備位置はレフトなので、直後の守備で野次やブーイングを飛ばされて当然です。気持ちが切れていたのか、イニング開始前のキャッチボールてもポロッとやってましたし。しっかり頭を使ってプレーしてほしいですね。身体能力だけに頼らずに。


7回は満塁のチャンスで押し出し四球と内野ゴロで2点を還し、1点差に追い上げてさらに満塁のチャンスを作ったのですが、途中出場の水口に回り、ファウルで何球か粘ったのですが、投ゴロで1点ビハインドのまま。一昨日のようにはいきませんでした。打順の巡りが一昨日と違いましたから。


自分の意志を貫いて、ライオンズを出ていった奴に2本もヒットを打たれ、うち1本が本塁打。挙げ句の果てにはヒーローインタビューまで受けるという。これ以上機嫌が悪くなることはないような展開でした。ただ昨年まで一緒にプレーした投手はしっかり抑えました。田村も平井も。明日は先発の武隈をはじめ、投手陣が抑えてくれるでしょう。というか死ぬ気で絶対抑えろ!

 

最近ライオンズは大宮であまり勝てていない気がしますが、今日も勝てませんでした。雨の心配を全くしないで参戦できたことだけは良かったです。

 

帰りは大宮から帰りますが、氷川神社の脇の道が歩行者天国状態。それでも大宮駅方向へ歩いて向かう観戦帰り組が多く、大渋滞。何とか湘南新宿ラインの最終に乗れたので、まっすぐ帰ります。