ほっくんのライオンズ応援記

ライオンズ応援ブログです。2018年は10年ぶりのリーグ優勝。2019年はさらにその先へ!

 5回に外崎が勝ち越し3ランを放ち、そのまま逃げ切り、首位攻防戦勝ち越し!




本日のライオンズ戦の結果(メットライフドーム)の結果


vs.北海道日本ハムファイターズ戦第14回戦 ライオンズ7勝7敗


試合開始:18:01 試合終了:21:13 試合時間:3時間12分 観衆:26,605人


ライオンズ 7−4 ファイターズ 


【投手リレー】(カッコ内は投球イニング数を示す。)
(F)高梨(5)〜公文(1)〜井口(1)〜宮西(1)
(L)榎田(5)〜平井(1)〜野田(1)〜齊藤大(2/3)〜ワグナー(1/3)〜ヒース(1)


勝利投手:榎田8勝3敗  セーブ:ヒース3勝2S  敗戦投手:高梨5勝6敗


本塁打 
(F)アルシア11号2ラン(榎田)
(L)中村14号3ラン、外崎14号3ラン(高梨)


昨日のブログの続き。試合後にライブをやった翌日は2戦2勝。そして、今日も勝ちました!


1回裏、先頭の秋山がレフトフェンス直撃の3塁打で早速先制点のチャンス。この場面で、ファイターズのレフトの近藤が左半身をフェンスにぶつけたようなのですが、結局試合に最後まで出続けました。守備での投げる動作には問題がなかったようですが、どうなんでしょうかね? そもそもこの人に外野を守らせるのが良くないと思うのですが。(よそ様のチームの心配を気にする余裕はありませんが)


初回に先制した直後の2回表、昨日見たライトスタンドへの弾丸ライナーをまた見せられることに。これで逆転を許し、さらに下位打線につなげられ、中島卓也スクイズを決められた場面で、2→3の送球が高く逸れる間にもう1点で、計4失点。それでも昨日のマルティネスとは違って、今日の高梨は制球も良くなく、どうにかなると思っていました。


2回裏、森友哉がライト前ヒット、外崎が四球でチャンスを作り、最近本塁打量産中のおかわり(中村)がセンター左へ同点となる3ランを放って4−4。


このまま乱戦模様になるかと思いましたが、3回以降は落ち着いた試合展開になり、中盤戦へ。


5回も2死を取られた後、アグー(山川)がレフト前ヒット、森友哉が四球でチャンスを作り、外崎が初球を完璧にとらえてレフトスタンドへ。ファーストストライクを積極的に打ちに行ったら最高の結果になったというパターンですね。これで3点を勝ち越し、ライオンズに流れが傾きました。


6回から問題の継投に入りましたが、ピンチは8回に齋藤大将が1人走者を残して、ワグナーに継投した場面で、四球でさらにランナーを溜めた場面くらいだったでしょうか。平井、野田に関しては、アルシアと清水にそれぞれ出した四球を除いては良かったと思いますし、ヒースに関しては全く問題ありませんでした。打たれたヒットもどん詰まりで内野の後方に落ちたものなので、点差を考えればやむなしでしょう。



この6連戦、前半のホークスとの3連戦に続き、ファイターズとの3連戦も2勝1敗で勝ち越し。この結果は最低限というより、むしろ良かったと思います。再来週の週末、また所沢でファイターズと3連戦が控えますが、その時点でどんな状況になっているかですね。


試合前にホームランチャレンジに登場したオーレさん(オレステス・デストラーデさん)が試合途中、6回表の途中でレフトスタンドに登場し、ちょっとした騒ぎになっていました。5回裏後のインターバルに来てくれれば、もっと近づこうとしたと思うけど…


お立ち台は、2回に同点3ランを放った中村選手と、5回に勝ち越し3ランを放った外崎選手。





試合前のホームランチャレンジ。ピッチャー役はメヒア選手でした。最近試合前のシートノックの最初にマウンドに立たないからなぁ。



試合後のトークショーは、明日からの仕事の関係でパスしました。Youtubeかなんかで後で拝見させていただきます。


今日は、夏の選手プロデュース弁当シリーズの第4弾でした。これを食べたら、2回に同点3ランを打ってくれましたよ。