ほっくんのライオンズ応援記

ライオンズ応援ブログです。2018年は10年ぶりのリーグ優勝。2019年はさらにその先へ!

 先発・今井が降板後に失点を重ね、大量失点での連敗



本日のライオンズ戦の結果(メットライフドーム)の結果


vs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦第11回戦 ライオンズ8勝3敗


試合開始:14:00 試合終了:17:16 試合時間:3時間16分 観衆:32,037人


ライオンズ 1―9 イーグルス 


【投手リレー】(カッコ内は投球イニング数を示す。)
(E)岸(7)〜青山(1)〜宋家豪(1)
(L)今井(5 1/3)〜野田(2/3)〜大石(2/3)〜佐野(2 1/3)


勝利投手:岸8勝1敗  敗戦投手:今井1勝2敗


本塁打
(E)ペゲーロ16号3ラン、島内3号ソロ(今井)


2004〜2008年のホームユニを着用してのライオンズ・クラシック2018。4/17に後楽園でのホームゲームで着用し敗戦。GWの京セラでのオリックス3連戦で着用して1勝2敗。そして、昨日は雄星(菊池)が先発ゲームでのまさかの大量失点での敗戦。今日はそろそろ勝っておかないと、何年前だかの黄色ユニと同じ運命をたどることになりそうと思っていたのですが…。


向こうの先発が憎っくき岸なので、先制を許して相手のペースになるとヤバいと思っていたら、2回にアマダー、藤田に連打を許した後に、ペゲーロに3ランを被弾。高く上がった打球だったので、フェンスギリギリくらいで落ちてきてくれればと思っていたらスタンドまで。今日の序盤3回までの岸の投球を考えると、この3失点で試合は終わってしまいました。


3回は味方の失策が出るも粘って無失点、4回は三者凡退、5回も2死まで取ったのですが、島内にソロ本塁打を許して4失点目。2回の失点もそうですが、四球が絡んでの失点ではないので、もったいないですね。配球、制球で防げる失点なので、将来に向けての勉強と思って、試合後にしっかり反省してもらいたいものです。


今井の球数は5回で86球とやや多めだったものの100球まではまだ余裕がある状況だったのですが、6回の投球を見る限り、ストレートの球威が明らかに序盤より落ちていました。そんな中、先頭の銀次にフルカウントから四球を出した後、アマダ―に今日2本目のヒットとなる左中間への2塁打を許して5失点目。続く藤田を打ち取り、2回に3ランを許したペゲーロを迎えたところで降板になりました。


ボール自体はすごくいいものを持っていると思うのですが、大事な場面での失投が大きな失点につながっている印象です。四球で試合を壊してどうにもならないわけではないので、疲労の状況は考慮しながら、このまま1軍の先発投手として回していってもらいたいです。今年はそれほど結果が伴わないかもしれませんが、数年後に生きてくると思っているので。


イーグルスペースの展開で進んだせいもあり、ライオンズ打線が非常に淡白に見えました。確かに3回までは岸の攻略は難しくノーチャンスかなと思ったのですが、4回以降はチャンスを作れてはいたので、得点につなげることは出来たと思います。


6回裏、2死1塁からの浅村のヒットの場面。1塁走者は3塁まで進んだのですが、送球間に浅村が2塁を狙ったところ、2塁ベースに近い位置で塁間に挟まれ、完全に走塁ミスになったかと思いきや、イーグルスが挟殺プレーに失敗して、浅村が1塁に戻って生き残り、2死1,3塁。「点を取ってください」と言わんばかりのミスをしてくれたにもかかわらず、続くアグー(山川)は三振。6回表終了時点で0−6ということで、逆転は非常に厳しい展開ではあったのですが、こういう場面で雑な攻撃をせずに1点でも2点でも還すような丁寧な攻撃をして欲しいです。本気で優勝を狙うなら求められるプレーでしょう。


がっかりさせられたのが、7回表1死1塁、今江がレフト線へのフライを放った場面。普通の守備力の野手ならギリギリにはなるかもしれませんが捕球できる打球。しかし、今日の7回までレフトを守っていた人は、捕球の際にスライディングを試みて後逸…。1塁走者は本塁まで生還し、打者走者には2塁への進塁を許しました。このレベルの打球はしっかり捕球してほしいですね。これがきっかけで、7回の頭から登板していた大石、さらには途中から登板した佐野がめった打ちを食らって3失点。今江のレフトフライを捕球さえしていれば、7回の3失点はありませんでした。


昨日からクラシックユニということで、今日のレフトスタメンの人は当時からの選手なのですが、ユニ着用と同時に体も若返ってくれればと思わされたシーンでした。若返るなんてあり得ないのですが。まあこのレベルの守備では、よっぽど打撃が好調とかではない限りは、守備につかせることは出来ないですね。


8回から斉藤彰が交代で出場しましたが、岸をどうせ打てないのならスタメンでも良かったのではないかと思いました。


昨日に続く大敗。先発が降板した後に、中継ぎ投手がイーグルス打線を活性化させて、翌日の試合を迎えなくてはならなくなるのが厳しいですね。これでは翌日の先発投手がタイヘンです。明日の榎田にも過度な期待をするのは酷かな。榎田に負担がかからないようにするために、打線は奮起しなくてはいけません。昨日は1得点、今日も9回の1得点のみ。明日は1点でも多い援護点を…。


それにしても、今日の打順はなあ…。起用が続いている選手の打順を基本的に変えずに1番から7番に並べて、その他に使いたい選手を8番、9番に置いたのだろうけど、並びとしてはちょっとねぇ。